お歳暮はいつ送る? 金額は? お歳暮の正しいマナーについて解説します

お歳暮はいつ送る?金額は? お歳暮の正しいマナーについて解説します

師走といえばお歳暮の時期。
みなさまもお忙しい時期であり、『みな与』にとってもありがたいことに1年で一番忙しくさせていただいている時期でもあります。

お歳暮の時期になると「いついつ送ってほしい」とお客様から日時指定をされます。

実は、地域によってお歳暮を贈って良い時期が違うのをご存知でしょうか?

・地域によってお歳暮を贈る時期が違うって本当?
・お歳暮はどうやって送るのが失礼のないマナーなの?
・また金額はいくらくらいのものを贈るもの?
・そもそも、お歳暮っていつから始まったの?

などなど、

お歳暮を贈る際に

実は失礼なことをやっているのでは?!

そんな気になる方のため、知っておきたいお歳暮のルールやマナーについて解説します!

そもそもお歳暮っていつからあるの?

お歳暮のルーツは、日本と中国の習慣が組み合わさったものだと言われています。

日本では、古来より1年を1月と7月で2つに分けて、年に二回祖霊を祀る御霊祭り(みたままつり)を行っていました。

祖霊や神へのお供え物を神と人々と共に食べる「共食 (きょうしょく) 」をするのが当時の習わしで、その名残がお正月のおせちに現れています。

一方、中国では、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元の三元を、天の神を祭る日としていました。三元は龍神の孫である神様の誕生日で、その日にお供え物をお互いに贈り合う習慣がありました。

この日本古来の御霊祭りの共食に、中国のお供え物を贈り合う習慣が合わさったものが「お歳暮」「お中元」の由来と言われているんです。

今の形に近いお歳暮の歴史がはじまったのは室町時代で、主に公家の間で広まったものだそう。

その後江戸時代になると、商人が年末に贈り物を持参して挨拶周りをしていた習慣から次第に庶民にも広まりました。

さらにさらに。

明治30年代になると、年の暮れに分家した人や嫁いだ人がお供え物を本家や親元に持って行くという形から、次第に親や親戚だけでなく、お得意様やお世話になっている方にもお歳暮を贈る習慣へとなり、定着していきました。

地域によってお歳暮の時期は違うの?

気になるお歳暮を贈る時期ですが、実は地域によって違うんです。

一般的に、関東では12月1日~12月25日頃、北海道・東北・東海・関西・中国・四国・九州など関東以外の地域では、12月13日~12月25日頃が適切な時期と言われています。

お歳暮を贈る時期

・関東ー12月1日~12月25日頃
・関東以外ー12月13日~12月25日頃

かつては12月13日頃から贈り始めるのが一般マナーだとされていましたが、最近では年末に近づくにつれて忙しくなることから、徐々に早まってきています。

また、先方に正月用に召し上がっていただきたい生鮮食品に限っては、了承を取った上で26日から31日の間に送っても良いとされています。

必ず先方にご都合を聞いた上で贈りましょう。

金額はいくらが一般的?

贈りものの金額は、先方との関係により若干違いがあります。一般的なお付き合いの方なら4,000円~6,000円くらい、会社関係や特にお世話になった方には8,000円〜12,000円程度が多いようです。。

お歳暮の金額

・一般的なお付き合い・親族
 → 4,000円〜6,000円
・会社のお得意先 / 今年特にお世話になった方
 → 8,000円〜12,000円

お中元は上半期の感謝の気持ちを伝える贈り物ですが、一方お歳暮は一年の感謝を伝える贈り物であるため、お歳暮の方がお中元よりやや高めのものを贈る傾向があります。

ですから、お中元かお歳暮か、どちらか一方贈る場合はお歳暮にし、両方とも贈る場合はお中元よりもお歳暮の方が品物の値段をやや高めにすることが一般的となっています。

 

どんなものを贈ればいいの?

お子さんのいるご家庭には家族そろって楽しめるものを選んだり、少人数のお宅には量より質の良いものを贈るようにしますと心遣いを感じられて喜ばれます。

また毎年同じものを贈るのも良いですね。

毎年同じもので季節感を伝えると、あなたはこの品をくれる人という印象を持ってもらうことができます。

相手の方にもメリットがあり、あなたが決まった品をくれることがわかっていれば、他の方に何がいいか聞かれた場合に、違うものを伝えることができます。

気をつけたいのは、現金やギフト券などです。

目上の人に現金やギフト券などを贈るのは原則的にタブーとされているので贈るものには気をつけましょう。

お歳暮に贈る品

・相手の状況を気遣った品を贈る
・毎年同じものを贈ると覚えてもらいやすい
・目上の人に現金やギフト券はタブー

お歳暮を12月25日までに贈れなかった場合は?

もし手配が遅れたり、都合により年内に贈ることができなかった場合には、相手方にお詫びの連絡をした上で、「お年賀」として改めて品物を贈ってください。

ただし、お年賀は、松の内の期間内に相手のお宅に直に出向き、品物を手渡しするのが一般的なマナーです。

関東地方では1月7日松の内までに。

関西地方では1月15日までと言われています。

その間も厳しい場合は「寒中見舞い」として2月3日までに贈るようにましょう。

うっかりお歳暮を贈るのを忘れていた場合

・まずはお詫びの連絡をいれる
・お年賀として改めて品物を贈る
・お年賀は松の内の期間内に直接手渡しで渡すのがマナー

相手が喪中、忌中の場合はどうしたらいい?

お歳暮はお祝いごとではないので、基本的に自分が喪中の時、相手が喪中のときのどちらでも贈ることに差し支えはありません。

しかし忌中(亡くなってから四十九日までの間)はNGです。

不幸があった直後の忌中は避けて、四十九日が終わった後に贈るようにします。

不幸の後となりますと、気にされる方もいらっしゃいますので、贈る際は表書きを「粗品」とするか、または、立春の23日までの間に、こちらも「寒中お見舞い」として贈るといいでしょう。

寒中見舞いの時期は、関東が18日~23日、それ以外の地域では116日~23日です。

先方にお歳暮として送れなかったことをお詫びし、年明けに送る旨を手紙か電話で一言伝えるのがマナーです。

相手が喪中の場合

・お歳暮を送っても差し支えない
・四十九日は贈るのを避ける

お歳暮をもらったらお返しをしないと失礼?

お歳暮は本来、お世話になった方や感謝の気持ちを伝えたい方に、お礼と年末の挨拶を伝えるための贈り物ですから、もらった側としてはお返しする必要はありません。

でも、こちらからお歳暮を贈っていない相手から届いた場合には、なるべく早くお礼状を送ること。

そしてお礼をする場合は、まず電話でお礼を伝えた後に、手書きでお礼状を書けばベストです。丁寧に感謝の思いを伝えれば、贈った側にも十分気持ちが伝わりますよね。

もし、お返しを品物で贈る場合は、いただいた品物の半額から同額の品物を贈るようにしてください。もらった品物以上の品を贈ることで「今後、お歳暮を贈らないで」という意味にとらえられてしまうこともあります。

ただし、本当に送っていただかなくてよいという意思表示をしたい場合は、感謝の言葉と共に、今後はお気遣いなさいませんようにと、明確な表現で気持ちを伝えると良いでしょう。

贈っていない相手からお歳暮をもらった場合

・まずは連絡してお礼を伝える
・いただいた品物の半額から同額の品物を贈る

お歳暮は途中でやめてもいい?

お歳暮は基本的にはお世話になっている方には、なにがしかの関係が変わらない限り贈り続けるもの。

でも、どこまで贈り続けるべきか悩みますよね?

引っ越しや退職したなど相手との関係が変わる場合などは、やめても良いタイミングです。

お歳暮を送るのをやめたい場合、明確なやり方はないということですが、その後も良い関係を続けていきたいなら、最後のお歳暮を送ると同時にそれまでの感謝とお礼を伝え、今年はお歳暮を送らない旨を記した手紙を出すなどの配慮をするとベターです。

以下、やめるタイミングを参考まで。

・仲人……結婚して3年がたった場合

・仕事関係……転勤・退職などで関係性が変わる次のお中元やお歳暮まで贈る。(最後に贈る際には「在職中はお世話になりました。今後のご活躍をお祈りしています」等、今回が区切りであることをそれとなく伝える手紙を添えるといいですね)

・その他……贈る先の相手が亡くなった場合

今回のみお礼として贈りたいときは?

先方にお世話になったり、格別のご厚意をいただいたとして、今年限定でお歳暮を贈りたい場合というのもあると思います。

◯◯の節はありがとうございました」とお歳暮を贈る理由を手紙で添えて贈るといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

お歳暮の由来から、ルールやマナーをお伝えしてきました。

お歳暮は祖先の霊や家族や仲間と共に食べる、共食するという御霊祭りが始まりでした。そして中国道教の思想から人にお供えを贈る風習と合わさり、お歳暮が生まれたんですね。

こうしてみると、お歳暮には「つなぐ」というキーワードが見えてきませんか。

お歳暮の習慣が現代までつづいてきたのは、人と人とを「つなぐ」習わしだったからではないかと思いました。人との関係が希薄になりつつある昨今、少し疎遠だった方に贈り物をするのに、お歳暮というのはいいタイミングかもしれません。

贈る方も、贈られた方も良い新年を迎えるために、みな与は人と人とをこれからもつなぐ存在でありたいと思います。

みな与としましては、これからも誠心誠意、みなさまに心から喜んでいただける品を提供して参ります。