国産近海物の活き鮑が届きました

活き鮑が届きました

今朝、近畿地方で採れた鮑が届きました。

まだ生きている鮑です。

活き鮑_みな与

この鮑は日本近海で採取された黒鮑です。

みな与では一度に大量の生産ができないため、少量づつ各産地から送っていただいております。

この黒鮑を届いた直後に調理し、煮貝にするための仕込みを始めます。

黒鮑にこだわる理由

みな与の煮貝には国産の黒鮑を使用しておりますが、それには理由があります。

国産の黒鮑は身がしっかりしており、火を通した際に身が縮みすぎず、程よい歯ごたえを残し柔らかく調理できるためです。

黒鮑以外の鮑では火を通した際にギュッと身が引き締まり、その身が小さく縮んでしまいます。

活き鮑_みな与

また、黒鮑は他の鮑に比べ、食感、旨味が強く、煮ることで甘さが増すことで知られる鮑でもあります。この国産黒鮑がもっとも煮貝にして美味しく頂ける鮑ですから、みな与では代々黒鮑を煮貝にしてまいりました。

みな与では、この黒鮑を4キロ単位で送っていただくのですが、手作りでは多くても1日に3〜4回の仕込みが限度になります。

最高でも4回調理できるのであれば16kgの煮貝ができるかというと実はそうではありません。

殻付きの黒鮑4kgを煮貝にした場合、重さは約半分程度になりますから、4kgの殻付き黒鮑は2kgの煮貝になってしましまいます。

 

年々その数を減らす国産黒鮑

国産鮑漁は2月に四国から始まり、気温が上昇するにつれ範囲が広がり、10月くらいまで全国で漁が行われます。

鮑をとる海女

1年の間、安定的に鮑を仕入れる為にみな与では、全国の生産者と連絡を取り、収穫量を確認しながら各地の旬な鮑を仕入れています。

しかし近年、国産天然物鮑の漁獲量は減っており、1970年代の2割程度にまでその数を減らしています。

新鮮な国産鮑ならではの柔らかい食感と肝つきが特徴であるみな与の煮貝には、国産黒鮑が不可欠です。
万が一、国産黒鮑が入手できなくなった際には、輸入物の鮑に頼るのではなくみな与ののれんを下ろす覚悟でおります。それほど、国産あわびと輸入もの鮑では美味しさに差が出てしまうものなのです。

国産鮑ならではの、やわらかく芳醇な磯の香り漂う煮貝をぜひご賞味ください。

レシピ

鮑のフラン

Read More
鮑のフラン
レシピ

あわびの肝の炊き込みご飯

Read More
あわびの肝の炊き込みご飯
みな与のブログ

あわびは縁起物 / 出産のお祝いにあわびを送る習慣

お店へ訪れるお客さまから「オスとメスの鮑...
Read More
あわびは縁起物 / 出産のお祝いにあわびを送る習慣
みな与のブログ

国産近海物の活き鮑が届きました

今朝、近畿地方で採れた鮑が届きました。 ...
Read More
国産近海物の活き鮑が届きました
みな与のブログ

煮貝に使われる木の樽は職人さんの手作り

みな与では15,000円以上の煮貝商品は...
Read More
煮貝に使われる木の樽は職人さんの手作り
レシピ

あわびのカルパッチョ

Read More
あわびのカルパッチョ
レシピ

あわびとアボカドのサラダ仕立て

Read More
あわびとアボカドのサラダ仕立て
みな与のブログ

甲府が魚町だった頃の賑やかな様子

現在ではまったくその面影はありませんが、...
Read More
甲府が魚町だった頃の賑やかな様子
みな与のブログ

山梨伝統の煮貝は今でも手作りでお出ししております

煮貝の由来は戦国時代、武田信玄の家臣であ...
Read More
山梨伝統の煮貝は今でも手作りでお出ししております
レシピ

あわびの肝ソースマヨネーズ和え

Read More
あわびの肝ソースマヨネーズ和え
レシピ

あわびのポワレ(ステーキ)

Read More
あわびのポワレ(ステーキ)
レシピ

あわびのジュレ花飾り

Read More
あわびのジュレ花飾り
{"slides_column":"1","slides_scroll":"1","dots":"true","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"2000","speed":"300"}