甲府が魚町だった頃の賑やかな様子

みな与の昔の広告

現在ではまったくその面影はありませんが、みな与があるここ甲府市中央にはその昔、魚市場があり朝早くから喧騒と人だかりのできる活気ある通りでした。

魚町と呼ばれた甲府魚市場時代の様子を、信玄餅で有名な桔梗屋相談役 中丸眞治氏の著書「甲府街史」を参考にご紹介していこうと思います。

甲府魚市場開設

海がなく新鮮な海産物を口にする機会の少なかった山梨において、1892年(明治25年) 現在の甲府市中央に初めて魚市場が建てられました。

場所は現在のみな与の目の前にあたります。

車社会となった現在では通りを歩く人も少ないこの界隈ですが、当時は相当な賑わいであったと聞いております。

まだ夜が明けやらぬ暗い中を、東青沼町の製氷会社冷蔵庫へ荷を出しに行く車が、魚町、若松町をすっ飛ばしたものである。このあたりの朝の混雑ぶり、喧騒はひどいものだった。
出典 / 甲府街史(中丸眞治・楠 裕次 著)

※この氷屋さんは現在も営業しています。

通りには魚屋が軒を連ね、道路まで商品を出し、それぞれが我こそはと商売をしていたものですから、荷物と人でごった返し、通りを抜けるのにも一苦労するほど混雑した通りだったそうです。

これが当時の様子。

甲府の魚町の写真

現在、甲府市中央2丁目〜5丁目にあたる付近は、もともと町名も甲府市魚町といい、名実ともに山梨を代表する海産物の中心地でした。

甲府の魚市場の写真甲府に魚市場が出来たことで、静岡をはじめ神奈川、東京、遠くは新潟から鮮魚や海産物が持ち込まれるようになりました。

甲府の魚市場の写真

当時は山国で海産物を手に入れる場所も少なく、長野の諏訪・岡谷地域からもわざわざ甲府まで業者が魚を仕入れに来ていたそうです。

甲府魚市場は昭和49年、現在の甲府市国母へ移転し、甲府中央卸売場として再スタートを切りました。

市場の移転に伴い、魚を商売にしていたお店は引っ越し、魚町の面影を残すのはみな与だけになりました。
みな与は先祖代々が魚屋を営んだそのままの場所にございます。

魚市場の発展に尽力した6代目藤右衛門

甲府魚市場の初代頭取である今井茂右衛門は、みな与の長男としてこの世に生を受けました。

その後、北隣りにあった魚屋・森田屋の今井家に養子入りし、2代目今井茂右衛門として魚市場が開設された際には茂右衛門が頭取、みな与の跡を継いだ弟の6代目藤右衛門が支配人となり、兄弟で魚市場発展に尽力しました。

こちらがみな与に残っている当時の株券です。

魚市場の開設に際し、100円出資したと記載されています。

魚市場の株券

6代目藤右衛門は、伊豆の網元と協力し、煮貝を生み出した人物でもあります。
魚市場の発展と鮑の製法に尽力した非常に熱心な魚屋の店主でありました。

現在、甲府市中央で海産物を販売しているお店はみな与だけになってしまいましたが、今もこの界隈で商売をされているお店の中にも昔は魚屋であったお店がたくさんあるのです。

桔梗屋・中丸眞治氏の著書「甲府街史」には、当時の街の様子が写真とともに紹介されており、甲府の歴史を知るうえでとても興味深い1冊です。
ぜひ、ご興味のある方はお手に取っていただけると幸いです。

みな与のブログ

縁起物のアワビがお中元に重宝される理由を解説します

アワビは古来より長寿をあらわす縁起物で、...
Read More
縁起物のアワビがお中元に重宝される理由を解説します
みな与のブログ

あわびは縁起物 / 出産のお祝いにあわびを送る習慣

お店へ訪れるお客さまから「オスとメスの鮑...
Read More
あわびは縁起物 / 出産のお祝いにあわびを送る習慣
みな与のブログ

国産近海物の活き鮑が届きました

今朝、近畿地方で採れた鮑が届きました。 ...
Read More
国産近海物の活き鮑が届きました
みな与のブログ

煮貝に使われる木の樽は職人さんの手作り

みな与では15,000円以上の煮貝商品は...
Read More
煮貝に使われる木の樽は職人さんの手作り
みな与のブログ

甲府が魚町だった頃の賑やかな様子

現在ではまったくその面影はありませんが、...
Read More
甲府が魚町だった頃の賑やかな様子
みな与のブログ

山梨伝統の煮貝は今でも手作りでお出ししております

煮貝の由来は戦国時代、武田信玄の家臣であ...
Read More
山梨伝統の煮貝は今でも手作りでお出ししております
{"slides_column":"1","slides_scroll":"1","dots":"true","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"2000","speed":"300"}