年末年始の贈り物に山梨のワインを贈ると和食や海産物が好きな方に喜ば れる理由

年末年始の贈り物に山梨のワインを贈ると和食や海産物が好きな方に喜ば れる理由

もしかしてそのお相手は、和食や海産物がお好きではありませんか?

日本人なら、やはり寿司や刺身など海産物がお好きな方多いですよね。

『赤ワインには肉、白ワインには魚』なんて一般的に言われますが、実際にワイ ンと魚料理を合わせてみるとはなんだか生臭みがあってイマイチ……というこ とがあるのです。

その原因が最新の研究で分りました。

生臭みの原因とは、なんと鉄分。 今回は最新の研究から、和食や海産物をお好きな方に山梨のワインをオスス メする理由と鉄分の関係をお伝えします。

きっと贈った方と会話が弾みますよ ♪

ワインと海産物の生臭さの原因は鉄だった! 

赤ワインは肉、白ワインは魚介類のお食事に合わせる……料理とワインの組 み合わせは「マリアージュ(結婚)」ともいわれるほど、ワインを楽しむ時の重要 な要素です。

赤ワインは肉、白ワインは魚介類のお食事に合わせる……料理とワインの組 み合わせは「マリアージュ(結婚)」ともいわれるほど、ワインを楽しむ時の重要 な要素です。

でも、実際には魚料理とワインを組み合わせたとき、生臭く感じることがあるん です。 イクラや数の子など「魚卵とワインは合わない」ということは以前から言われて いますし、通な方は、魚とワインは美味しくないとはじめから避けていらっしゃる かもしれません。

実は、メルシャンの研究員田村隆幸さんの研究により、ワインと魚介類の組み 合わせで生臭さが出る原因となる物質がわかりました。 その原因物質は、、、

ワインに含まれている「鉄分」だったんです。

生臭さが出るメカニズムとは? 

魚の生臭さが発生する原因は、ワイン中に含まれる鉄イオンでした。

鉄イオンには2種類あり、そのうち「鉄(Ⅱ)イオン(Fe2+)」がその原因物質。 一般的に飲み物中に存在するのは、もうひとつの形「鉄(Ⅲ)イオン(Fe3+)」。 ワインやビールの場合には「鉄(Ⅱ)イオン(Fe2+)」のほうが多いんです。

では、一体その鉄イオンがなぜ臭みになるのか?

ちょっと難しい話になりますが、魚介類にはDHA(ドコサヘキサエン酸)や EPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる脂肪酸が存在していて、これが酸化す ると過酸化脂質へ変化してしまいます。

魚介の過酸化脂質と「鉄(Ⅱ)イオン(Fe2+)」が反応すると、なんと生臭み成分 である(E,Z)-2,4-ヘプタジエナールというものが瞬時に発生します。 つまり、過酸化脂質が含まれる魚介類を食べ、鉄イオンの入ったワインを口に 入れるとすぐ生臭みが発生して、鼻を通った時に「生臭い!」と感じるわけで す。 

ワインと鉄分の関係 

ではなぜ、ワインと海産物は合わないのに「ワインの白は魚」と言われているの でしょうか?

それは調理のスタイルに原因があります。

ワインの本場、ヨーロッパでは魚料理はほとんどがオイルを使って調理されま す。 焼いたり煮たり、オリーブオイルやバターなどの油を使うことが洋食では多く、 このためワインとの相性で生臭みを感じることがなかったようです。

ワインの本場、ヨーロッパでは魚料理はほとんどがオイルを使って調理されま す。 焼いたり煮たり、オリーブオイルやバターなどの油を使うことが洋食では多く、 このためワインとの相性で生臭みを感じることがなかったようです。

実際に、ホタテの干物と、鉄を含むワインの組み合わせにオリーブオイルを添加した実験では、オイルの含有量が多い方が生臭みを感じにくかったそう。 でも一方、和食は天ぷら以外ほとんど油を使うことはありませんよね?

それではオイルをほとんど使わない食事である和食や海産物が好きな方には、どんなワインを選べばいいのでしょうか? 

鉄分が少なく生臭さを感じづらいワインは山梨にあった

実は唯一、和食に合うワインがあるのです。

鉄分が少ないため生臭さを感じづらく、和食が美味しく食べることができるワイン。

それが、山梨のワインです。

日本原産の甲州ブドウやマスカット・ベーリーAを使ったワインは、統計的に鉄の含有量が少ないという調査報告があります。


それが、山梨のワインです。

日本原産の甲州ブドウやマスカット・ベーリーAを使ったワインは、統計的に鉄の含有量が少ないという調査報告があります。

鉄分が少ない理由は科学的に解明されていないそうですが、日本は軟水であることからブドウの樹が吸い上げる水分に金属、ミネラル分が少ないのではないかとか、棚で作っているところが多く地面からぶどうの位置が遠いため、鉄分を含んだ土埃がつきにくいのではないかとか、醸造設備が新しいからではないかとか、まだ仮説の段階だそう。

しかし、海外のワインよりも鉄分が少ないのは事実。 鉄分が少ないから海産物と合わせても臭み成分が発生しにくいんです。

よく「ワインの産地と、その同じ土地の郷土料理を合わせる」と美味しい組み合わせになる、とソムリエの間で言われているそうですが、日本の食事には、やっぱり日本で育ったブドウのワインが合うのですね。 

醤油とも相性の良い山梨の白ワイン

さらに、山梨のワインが和食に合うという面白い実験がもう一つあります。

日本人に一番なじみ深い「醤油」「味噌」を、ソムリエ資格者6人が数種類のワ インと合わせて検証するというもの。 醤油・味噌をちょこっと舐めてはワインを口に含むという、かなり通な飲み方での実験です。

調味料とワインの関係  
『醤油編』

https://wine-link.net/pc/magazine/detail/1711

この中で、醤油の中から最も一般的と思われる銘柄の「濃口」での検証で、山梨の甲州ワインが評価されていました。以下、記事より評価を引用します。

”検証した甲州ワインは、果実味柔らかでほんのり塩味を感じるタイプの銘柄。醤油の塩味にぴたっと合いつつ、果実味が醤油の旨みをぐぐぐと引き立てました。余韻には、醤油のこうばしい香りが広がるたまらないペアリング。だしと醤油で味付けした炊きものなど、醤油の風味が活かされた料理と楽しんで頂くのがおすすめです。”

https://wine-link.net/pc/magazine/detail/1711

こんな素敵な食欲をそそる表現ができないので、そのまま引用させていただきました(笑) いやあ、これを読んだら醤油とワインをマリアージュさせてみたくなりますね。

あの『美味しんぼ』でも絶賛された和食と甲州ワイン

さらに、あの有名マンガ『美味しんぼ』でも山梨のワインは絶賛されているんです。

2000年に美味しんぼの原作者の雁屋哲さん、漫画家の花咲アキラさんらが、1週間にわたり山梨県内の食材を探し回った結果、出会ったのが甲州ワインだったそう。

『和食に合う甲州ワイン』(美味しんぼ第80巻)

https://nakadaep.web.fc2.com/vi/oishinbowine/index.html

「和食(味噌・醤油・米酢・生魚)に合うワインはない」という主張の中取材した結果、海の幸、刺身など生魚のような日本の食事を楽しめる、世界で唯一のワインとして甲州ワインが紹介されています。

まだ当時、山梨のワインに鉄分が少ないという研究結果は出ていませんでしたが、さすが、日本の誇る食通。山梨のワインと和食のマリアージュをすでにその舌で実感していらっしゃったようです。

そして手前味噌ではありますが、この話の載っている第80巻の中で、甲府に昔からある煮貝として当店みな与の煮貝が紹介されているんですよ。

そして手前味噌ではありますが、この話の載っている第80巻の中で、甲府に昔からある煮貝として当店みな与の煮貝が紹介されているんですよ。

参考ブログ
きよの漫画考察日記

https://ameblo.jp/yoshiki-0722/entry-12061041880.html

ワインと煮貝、山梨を代表する名産品の組み合わせを贈る 

最新の研究結果や評価から、みな与では和食や海産物が好きな方には山梨のワインをオススメしています! そしてさらにお相手に喜んでいただくためにも最高の組み合わせをご提案します。

ワインと煮貝、山梨を代表する名産品の組み合わせを贈る

海産物や醤油がふんだんに使われる、和食と世界で唯一合うワインというのが山梨のワインでした。 伝統のあるみな与のアワビの煮貝も、もちろん山梨のワインと最高の組み合わせの一つです! 山梨のワインを贈られる際には、酒の肴として当店の甲州名物煮貝も合わせて贈ってみては? 一考してくださると、当店スタッフ一同とても喜びます(笑)

まとめ

いかがでしたか?

海産物や和食がお好きな相手の方に贈るなら、山梨のワインがおすすめという お話をさせていただきました。 山梨のワインなら、 ・鉄分が少ないため海産物とも喧嘩しない ・ソムリエの評価で醤油とも最高に合う ・美味しんぼの雁屋哲さんの太鼓判つき なんですね♪ お相手に山梨のワインの包みを差し出しながら、「世界で唯一、和食と最高のマリアージュを味わえるワインですよ」というお話を、お伝えするのも一興かと思いますよ。

そして、ワインと合わせる食事には、同じ産地のものがいいというソムリエの言葉通り、甲州名産の煮貝を合わせて贈ると会話がさらに弾むのではないかと思います。 贈る方とそんな会話を楽しまれてはいかがでしょうか? 今回は、和食や海産物に合う山梨のワインと鉄分の関係というお話でした。
参考にしてくださいませ。